西友の動画に「涙がこぼれた」「感謝したい」の声が続出 その理由とは

料理をする側、しない側では普段からテーブルに並ぶ料理の見え方も違っていることでしょう。
以前、「母親ならポテトサラダぐらい作れ」や「惣菜に頼るなんて手抜きだ」という、手料理にこだわる人の声がネット上で話題となりました。
そこで、スーパーマーケット『西友』は、『食卓の誤解』と題し普段料理をしない人に2日間の夕食作りに挑んでもらう企画を発案。その動画に反響が上がっています。
『料理』は献立作りや、買い物から始まっていることを訴える西友。
料理をまったくしない人にとったアンケートでは、「お惣菜より手作りの方が愛情を感じる」という質問に約73%の人が『はい』と回答しました。
また、「『料理は手作りが正解である』という価値観に共感するか」という質問には、52%の人が『共感する』と回答。
一方、毎日料理をしている人に「スーパーのお惣菜が出てきたら『手抜き』だと思うか」という質問をすると、約65%が『いいえ』と答え、料理をする人としない人で考え方にズレが生じていることが分かります。
この結果を踏まえ、普段料理しない男性2人が、2日間連続で夕食を手作りすることに。実際に経験して、気が付いたこととは…。
買い物、料理、後片付けと、一食を作るまでの流れを経験した2人。
これまでは『食べるだけ』の立場でしたが、作る側の経験をしたことで考え方はこのように一変しました。
経験しないと分からないことだらけだなと思いました。「おいしい」っていってもらえた時は心の底から嬉しくて正直泣きそうになるくらい嬉しかったですよ。
西友オフィシャルチャンネル ーより引用
また、これまで妻の作った料理に「こうしたほうがいいんじゃない」といっていた男性は、初めて自分がいわれる側の立場になり「嫌な気持ちになった」とコメント。
作るだけが料理ではないことに気が付いたといいます。
作るだけが作業じゃなくてその前の買い出しとか後片付けも含めて全部料理っていう家事なんだとしたら、今後はそういう事も考えながら接していきたいなと思いました。
西友オフィシャルチャンネル ーより引用
料理研究家のジョーさん。さんは、料理に手抜きはないと訴えました。
料理に手抜きという概念は存在しないと思います。台所に立って誰かのために包丁を握ったり、誰かのために食事を用意する。それが例えばお惣菜をお皿にうつしたりしてちょっと見栄えをよくしようとすることだけでも「何が手を抜いてるんだ」って思うので、台所に立っている時点で手抜きということはないと思っています。
西友オフィシャルチャンネル ーより引用
動画を見た人たちから、たくさんの称賛の声が寄せられています。
・動画を見て涙がこぼれた。このプロジェクト、とても素敵だと思う。もっとたくさんの人に見てもらいたい。
・惣菜は手抜きではなく『手間抜き』っていう言葉は本当その通りだと思います。
・「台所に立っている時点で、手抜きということはない」という言葉が響きました。
・妻に感謝の気持ちが芽生えた。「いつもありがとう」って伝えたい。
毎日料理をすることは大変です。献立を考えるのも一苦労でしょう。
家族やパートナーと支え合って、お互いに気持ちよくテーブルを囲んで食を楽しめるようにしたいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする