6人の子のためリスクある職場で働いた父 段ボール圧縮機でつぶされ壮絶死

(Image Source/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)ある工場で働いていた男性が、仕事中にあまりにもむごい亡くなり方をした。子だくさんの男性は、お金を稼ぐためがむしゃらに働いていたというが、職場で用いる機械についてはよく知らなかった可能性が高い。
■必死に働いた男性英国で暮らしていたある男性(36)には、子供が6人いた。不法移民だった男性は読み書きもできなかったというが、リサイクル工場の仕事を見つけ、まじめに働くように。週に6日、1日に11時間も働いていたというが、時給はわずか数百円だった。
関連記事:お気に入りの洋服がキャップに変身 この企画の深い訳を運営者に直撃■機械に押しつぶされ死亡リサイクル工場で働き始めてから、約3年が経過。2016年10月12日にも男性は工場に行き仕事を始めたが、その日は大型の段ボールベーラー(圧縮梱包機)の調子が悪くなってしまったという。いつもより多くの段ボールを入れたことが原因だったとみられ、男性はすぐに詰まりを解消しようと試みた。そのとき、ふらついたのか機械内部に倒れ込んでしまい、完全には停止していなかった機械がいきなり作動して、男性を一瞬で押しつぶしてしまった。周囲にいた人たちが気付き駆け寄ったときには、すでに手遅れだったという。■関係者の声当局の発表によると、圧縮機に付いている安全装置は作動していなかった。また事故が起きた工場では職員を訓練することも怠り、想定し得るリスクについても伝えていなかったようだ。男性と一緒に働いていた同僚もそれが事実だと認め、「仕事を始めたとき、僕たちはジャケットを手渡され、着るように命じられました」「それだけでした」と明かしている。

■疲労が蓄積していた男性しらべぇ編集部が全国20~60代の男女有職者623名を対象に調査した結果、全体の41.6%が「寿命を縮めながら仕事をしていると思う」と回答した。

機械を扱う工場だけに、ある程度の危険は意識していたに違いないこの男性。サポートは充実しておらず、報酬もわずかだったというが、男性は全てを承知の上で仕事を続行していた。家族のためとはいえ相当な無理をしていたとみられ、心身ともに疲労が蓄積していた可能性が高そうだ。 (文/しらべぇ編集部・マローン 小原)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする