「結婚するけど、5年間だけ別れよう」 妻にビンタされた、千鳥・ノブのエピソードに吹き出す

2020年11月20日放送のバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、『結婚したきっかけ』をテーマにトークを展開。
この日出演していた、フリーアナウンサーの高橋真麻さんは週刊誌に写真を撮られたことが結婚のきっかけだったといいます。
高橋さんは独身だった頃、気になる男性と出会う度に変装することなくデートをしていたため、頻繁にその様子を週刊誌に撮られ記事にされていました。
高橋さんによると、週刊誌にそういった記事が載る場合は、事前に連絡がくるのだとか。
その度に、高橋さんは相手の男性に「ごめん、この前のデートが週刊誌に載るみたい」と謝罪していました。
すると、相手の男性たちは「僕の顔と名前も載るの?」と不安そうにする人ばかりだったのだそうです。
しかし、現在の夫は、週刊誌に撮られた際、それまでの男性とは違う反応を見せたといいます。
電話して「フライデーさんに撮られて、載ることになっちゃったんだけどごめんね」っていったら、初めて「いや、俺はいいけど真麻は大丈夫なの?」って、私の心配をしてくれたんですよ。
で、「あ!これは今までの人とは違う!」って思って。
それが、結婚するきっかけになったし、お付き合いするきっかけになったんですよ。

同番組に出演していた、お笑いコンビ『千鳥』のノブさんも、結婚したきっかけのエピソードを披露。
ノブさんと妻は高校の同級生で、その当時から恋人として付き合っていたのだとか。
高校生の頃から付き合っていたからこそ、結婚する前には葛藤があったそうです。
高校の同級生なんで。「この子以外ないんやろな」って思って、結婚するって決めてて。
それで23~24歳の時に「お前とは結婚する。でも、5年間だけ俺に時間をくれ」と。(彼女に)「別れよう」と。
「お互い、いろいろ5年間経験して、28歳で会って、結婚しよう!」っていったら大ビンタされて。

それぞれの、結婚するきっかけとなったエピソードに、視聴者からはさまざまな声が上がっています。
・ノブさんの気持ち、すごく分かります!大好きだからこそ、納得して結婚してほしい。私も同じような提案をして夫に「バカか」って怒られました。
・結婚するきっかけとなったエピソード、どれも素敵だな。ドラマ化してほしい!
・高橋さんの話は、芸能人らしいエピソードだなー!週刊誌に載る時の反応で、本当に想ってくれているかが分かるって面白い。
結婚は人生をともにする相手を決める、重大な決断のため、さまざまなことを考えてしまうものでしょう。
ほかの人がどのように結婚へ踏み切ったのか、そのエピソードを聞くのは面白いですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする