鬼滅ブームが観光ビジネスに一石 JR東やJR九州が鬼滅列車で続々コラボ

今や社会現象となっている大ヒットアニメ『鬼滅の刃』。原作漫画の累計発行部数は1億部を超え、10月16日に公開された劇場アニメ「劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編」は、公開から1カ月で興行収入が230億円を突破。歴代最高のペースで記録を伸ばし続けている。

『鬼滅』効果は企業活動にも多大な影響を及ぼしている。多くの商品やサービスが『鬼滅の刃』とコラボし、それぞれ非常に多くの売り上げをあげている。例えば大手飲料メーカーのダイドーが「鬼滅の刃」のキャラクターをデザインしたコラボ缶コーヒーを10月5日に発売したところ、発売3週間弱で5000万本を売り上げた。

また、大手菓子メーカーのロッテも、自社の看板チョコレート菓子「ビックリマン」と『鬼滅の刃』がコラボした商品「鬼滅の刃マンチョコ」を全国のコンビニなどで11月3日に発売したところ、またたく間に品薄となった。

いずれも転売目的の買い占めも目立つのが特徴だ。特に「鬼滅の刃マンチョコ」では、同封されている特典シールだけを抜き取り、「本体」といえるウエハース菓子がコンビニのごみ箱に大量に捨てられている店員の投稿がSNSで話題となった。

蒸気機関車とのコラボも
こうした熱狂ぶりは、実は国が力を入れている観光分野にも経済効果を及ぼしている。劇場版『鬼滅の刃』が蒸気機関車の車内を主な舞台にしていることから、蒸気機関車とのコラボも盛んだ。

例えばJR九州は「SL鬼滅の刃」を、熊本駅から

博多駅の間を11月の土日祝日に走らせている。もともとは令和2年7月に豪雨で被害を受けたJR肥薩線を走っていた蒸気機関車「SL人吉」を流用しているのも特徴だ。

「SL人吉」は現存する日本最古の蒸気機関車としても知られ、1922年(大正11年)に作られた。「国鉄8620形蒸気機関車」という1914年(大正3年)から1929年(昭和4年)にかけて製造されたモデルで、通称「ハチロク」と鉄道ファンの間で呼ばれ親しまれている。

『鬼滅の刃』の舞台も大正時代であり、作中の蒸気機関車のモデルではないかといわれていることからも、ファンの間では注目が集まっている。蒸気機関車の先頭には「無限」という文字が書かれたヘッドプレートも装着され、アニメの再現度も高い。

こうした経緯から、「SL鬼滅の刃」は指定席券が販売された瞬間、秒で売り切れる事態となった。熊本博多駅間で840円(税込)の指定席券が、4万円以上で転売される事象も起こっている。また、特に博多駅では10年以上ぶりにSLが乗り入れるということで、「鬼滅」ファンだけでなく鉄道ファンも押し寄せ、約1500人が「SL鬼滅の刃」の到着をお出迎えすることとなった。

このほか、JR九州では辛子明太子や、宮崎牛のすきやきなど、九州の特産品を使った駅弁を販売し、その駅弁にキャラクターのクリアカード(全5種類)のうち1枚をつけている。

JR東日本でも指定席券が売り切れ
JR東日本でも『鬼滅の刃』とコラボしたSLを走らせている。もともと高崎支社管内で「SLぐんま みなかみ」や「

SLぐんま よこかわ」として運行されていた昭和期の「国鉄D51形蒸気機関車」を流用しており、12月末までの土日などに高崎駅と横川駅の間を走っている。こちらも指定席券がすぐに売り切れる人気ぶりだ。

しかし、2カ所で同時期に同じ作品のコラボ列車が走ることは異例だ。JR九州の広報担当者は「『無限列車編』というタイトルにもひかれ、製作会社のアニプレックスと、一緒に九州を盛り上げられないかということで当社から企画し、実施した」と説明する。

さらに、JR九州の担当者はこう話す。

「当社が保有するSLが大正時代のもので、作中に登場するものとも類似しているという見方も少なくありません。劇場版『鬼滅の刃』の世界観を現実に少しでも再現し、お客さまに体験していただきたいという考えで当社としても企画をさせていただいております」

JR九州からアニプレックスという版元にコラボを持ちかけ、見事に実現しビジネスとして大成功を収めた格好だ。「無限列車」というプレートを掲げて走る以上、製作側も作中の列車のモデルが「SL人吉」に使われている「ハチロク」だと半ば認めていると言っても過言ではないかもしれない。「原作忠実」というリアリティーがあるのが、JR九州の「SL鬼滅の刃」の強みだ。

一方、JR東日本の場合は経緯がやや異なるようだ。高崎支社の広報担当者は、「イベント企画会社であるエムアップホールディングスや、その子会社であるクリエイティブプラスといった、キャラクターIPとのコラボの展開に長ける会社が、劇場版『鬼滅の刃』の公開を受けSLとコラボできる場所を探していたところ、当社に白羽の矢が立った」と経緯を説明する。版元に企画を持ちかけたJR九州に対し、イベント企画会社から受託される形で同様の企画が実現しているあたり、流れとしては対照的といえる。

JR東日本高崎支社ではこれ以外にもJTBと協働したツアーを実施しており、「リゾートやまどり」と呼ばれる団体専用列車を使用したコラボプランも展開されている。

「竈門神社」にファンが押し寄せ
一方、ファンの間で「聖地ではないか」と騒がれているスポットを巡る観光ツアーも企画されている。『鬼滅の刃』に登場する地名は大半が架空のもので、公式が「聖地」として認めている場所は一つもない。だが、主人公の竈門炭治郎の「竈門」という名前から、九州各地にある「竈門神社」にファンが押し寄せているのだ。

ファンが集う「竈門神社」は、福岡県太宰府市の「宝満宮竈門神社」、筑後市の「溝口竈門神社」、そして大分県別府市にある「八幡竈門神社」の3社あり、このうち、宝満宮竈門神社と溝口竈門神社を巡るツアーが、「SL鬼滅の刃」とは別の動きとしてJR九州長崎支社で企画されている。八幡竈門神社ではお守りが1000円、御朱印が500円で売られているが、それらがフリマアプリで高額で転売されていることが問題となっている。大手フリマサイトを見てみると高値で取引されているものも確認できた。

「『竈門』神社を巡る旅」と題されたツアーで、12月12日の午前8時半前に長崎駅を出発し、佐賀県の新鳥栖駅まで特急「かもめ」で移動。そこから貸し切りバスに乗り換え、溝口竈門神社や宝満宮竈門神社を巡り新鳥栖駅まで戻り、帰りも「かもめ」で長崎駅に夜7時半前に戻るというプランだ。料金は大人1人8000円(税込み)で、Go Toトラベルキャンペーンの地域共通クーポン2000円分もつく。

ツアーの申し込みを受け付ける、JR九州長崎駅旅行の窓口によると、「予約を始めてすぐに完売。現在20組ほどキャンセル待ちが出ている状態」だといい、ツアーへの人気も確かなようだ。ツアーは今のところは実施する予定ではあるものの、新型コロナウイルスの感染拡大の状況などによっては今後中止になる可能性もあるという。

海路にも及ぶ「聖地」巡りツアー
さらに『鬼滅』の「聖地」巡りツアーは、鉄道だけでなく海路にも及んでいる。商船三井フェリーが運航するフェリー「さんふらわあ」では、大阪と別府を結ぶ航路に乗って、別府市の八幡竈門神社を「聖地巡礼」するモデルコースをWebサイトで紹介している。フェリーでの移動はGo Toトラベルキャンペーンも適応されるだけあり、『鬼滅』ブームをなんとか観光に結び付けたい思惑があるのだ。

映画『鬼滅の刃』公開前、コロナ禍の中で映画館に人が集まることに対して危惧する声も見られた。それが蓋を開けてみると1つの映画館で複数のスクリーンで上映されるのが当たり前で、連日賑わいを見せている。人の移動を伴う観光でも感染拡大を懸念する声もある一方で、同映画とのコラボによって活況を呈している状況だ。

『鬼滅の刃』には、コロナ禍による不安を忘れさせる力があるのかもしれない。感染者の拡大が続く昨今ではあるが、エンタメの持つパワーが全集中「日の呼吸」となって、コロナ禍を吹き飛ばす源泉につながると信じたい。(フリーライター河嶌太郎)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする