藤井聡太2冠と羽生善治九段、それぞれ必勝を期す戦いが始まる 王将リーグ最終戦

将棋の第70期王将戦挑戦者決定リーグ最終一斉対局が20日午前、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。藤井聡太2冠(18)=2勝3敗=はリーグ残留への勝利を、羽生善治九段(50)=4勝1敗=は挑戦権獲得に望みをつなぐ勝利を、どちらも目指すが、いずれも他の対局者の結果が関わる「他力」の状況にある。
藤井2冠は木村一基九段(47)=0勝5敗=戦に勝ち、広瀬章人八段(33)=2勝3敗=が永瀬拓矢王座(28)=5勝0敗=に敗れると残留が決まる。3勝3敗で並んだ場合は、前期成績が反映される「順位」が上位の広瀬八段の残留となる。
羽生九段は豊島将之竜王(30)=4勝1敗=戦に勝ち、永瀬王座が広瀬八段に敗れると、5勝1敗で永瀬王座との首位タイに並び、後日の挑戦者決定プレーオフに臨むことになる。
藤井2冠は仮にリーグ陥落となると、デビュー4年にして全タイトル戦を通じて初めての陥落・降級となる。
永瀬王座は勝利すると、来年1月に開幕する7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王=への挑戦権を獲得する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする