もらったプレゼントを売ったことがある女性は何割?

引越革命は11月20日、「もらったら嬉しいプチプラプレゼント」に関する調査結果を発表した。調査期間は2020年7月28~29日、調査対象は20~30代の女性と40代以上の女性で、有効回答は1,168人。
もらったプレゼント、約3割が「売ったことがある」
1,000円以内でもらったら嬉しいプレゼント(上位3つ選択)は何か聞くと、20~30代は、1位「お菓子・スイーツギフト」(75.8%)、2位「商品券」(56.3%)、3位「美容グッズ」(46.7%)。40歳以上は、1位「お菓子・スイーツギフト」(85.3%)、2位「商品券」(68.7%)、3位「ハンカチや雑貨など」(37.1%)となった。

1,000円以内でもらったら嬉しい実用的なプレゼント(上位3つ選択)を尋ねると、全体の1位は「ハンドクリームやヘアケアグッズ」(66.4%)、2位「キッチングッズ」(62.8%)、3位「ワイヤレス充電器」(49.3%)となった。

もらったプレゼントの値段を調べたことがあるかとの問いには、45.9%が「はい」と回答。理由としては、「興味本位」「お返しの値段の参考にするため」「フリマアプリで売るため」といった声が寄せられた。

もらったプレゼントを売ったことがある人は、ほぼ3割の29.4%。理由を聞くと、「自分では使わないものだったから」が65.6%と最も多く、次いで「別れた恋人からもらったものだったから」が15.0%、「自分のセンスと違ったから」が6.4%、「お金が欲しかったから」が5.2%、「嫌いな人やあまり親しくない人からもらったものだったから」が4.3%と続いた。

もらったプチプラプレゼントで”ガッカリしたもの”や”引いてしまったもの”としては、「アイドルグッズ 好きでもないアイドルだったから」(20代/専業主婦)など、自分の好みや趣味に合わないものを挙げる人が目立った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする