『鬼滅の刃』の影響はここにも? 2020年、赤ちゃんの名前で人気だったのは…

時代が反映されることが多い、赤ちゃんの名前。
2019年は、新元号『令和』の影響から古風な名前が好まれる傾向にありました。
2020年はコロナ禍やジェンダーを気にする名前が増えたようです。
子育て雑誌『たまひよ』が2020年1~9月に生まれた新生児19万7940人を対象に、名前や名前の読み、漢字を調査。その結果を公表しました。
クリックすると画像を拡大します
男の子の名前の1位は3年連続で『蓮(れん)』。なんと13年連続でトップ3に入っているのだとか。
女の子の名前の1位は5年連続で『陽葵(ひまり)』でした。「真っすぐな明るい子に」という願いを込めてつけることが多いそうです。
2020年は、新型コロナウイルス感染症の影響で、明るさやつながりなど未来への願いを込めた名前が好まれる傾向にあったといいます。
また、男の子の『蒼(あおい)』、女の子の『葵(あおい)』ともに順位を上げて、性別問わず人気の名前のようです。
ほかにも『あおい』と読む名前がランクアップしており、ジェンダーレスが意識されているのかもしれません。
クリックすると画像を拡大します
男女ともに、急上昇したのは『凪』でした。
2019年7月に放送された『凪のお暇』(TBS系)や、2020年7月に放送された『家政夫のナギサさん』(TBS系)、人気漫画『鬼滅の刃』の登場人物が使う技などが影響しているのかもしれません。

クリックすると画像を拡大します
男の子の漢字ランキングが変動した2020年。
ですが、10位までの漢字は昨年と同じで定着化してきているようです。
女の子は花や植物を連想させる漢字が人気とのこと。
クリックすると画像を拡大します
男の子の『はると』はなんと12年連続トップ!
女の子は、世界で活躍できそうなイメージのある読み方が人気になってきているようです。
身近な子供と同じ名前はあったでしょうか。
ランキングに入るほど人気の名前でも、「難読で読めない」という声は多く上がっていました。
・自分の名前がランキングに入ってた!でも、初見じゃ読めない名前もあるな…。
・来年には『鬼滅の刃』から炭治郎くんとかが人気になるのだろうか。
・女の子の1位が読めない。キラキラネームが減ってる気がする。
暗いニュースが多い2020年でしたが、2021年以降はより明るい名前が増えるような情勢になるといいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする