岡田裕介氏死去、71歳=東映会長、俳優としても活躍

俳優や映画プロデューサーとしても活躍した東映グループ会長の岡田裕介(おかだ・ゆうすけ、本名剛=つよし)氏が18日午後10時58分、急性大動脈解離のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。京都市出身。葬儀は近親者で行う。喪主は妹の高木美也子(たかぎ・みやこ)さん。後日お別れの会を開く。父は映画プロデューサーで東映会長だった故・岡田茂氏。
1970年、「赤頭巾ちゃん気をつけて」で俳優として映画デビュー。その後、プロデューサーも務めるようになり、88年に東映入社。東映撮影所長、同社社長などを経て、14年から東映グループ会長。来年公開予定の吉永小百合さん主演作品「いのちの停車場」でも陣頭指揮を執っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする