消毒液の偽ラベル販売=容疑で会社員書類送検―愛知県警

消毒液として使えるアルコール製剤「パストリーゼ77」の偽ラベルを作り、インターネット上で販売したとして、愛知県警は20日、不正競争防止法違反容疑で、富山県高岡市の女性会社員(37)を書類送検した。「テレワークで収入が少なくなった。生活費を稼ぐためだった」と容疑を認めているという。
送検容疑は6月9日ごろ、フリーマーケットアプリ上で商品購入を申し込んだ男性に、偽ラベル5枚を720円で販売した疑い。
県警によると、女性会社員は5~6月、400枚の偽ラベルを売り、約2万円の利益を得ていたという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする