海上タクシー船長を逮捕=過失往来危険容疑で高松海保

香川県坂出市沖で、小学生ら62人を乗せた海上タクシーが沈没した事故で、高松海上保安部は20日、業務上過失往来危険容疑で、船長の多田陽介容疑者(45)=高松市高松町=を逮捕した。
逮捕容疑は19日午後4時40分ごろ、坂出市羽佐島の北を航行中、水路の調査を十分行わず、浅瀬に乗り上げた疑い。
船には、坂出市立川津小学校の児童と教諭、乗組員ら62人が乗っており、全員が救助されたが、6年生の男児と女児、バスガイドの計3人が低体温症などで病院に搬送された。命に別条はなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする