ユニクロ、本日より誕生感謝祭スタート 2000円引きとなる大人気アイテムも

本日19日より、『ユニクロ』の誕生感謝祭がスタート。例年と比べて大きく変化したポイントを改めて押さえておきたい。
■誕生感謝祭とは?毎年5月と11月に実施されるユニクロの誕生感謝祭は、ユーザーから熱烈な支持を得ている一大イベント。今年は新型コロナウイルスの影響で5月の開催分が6月に延期となったが、例年とは異なる試みや工夫が多々見られた。最も印象深いのは開催期間だろうか。例年であれば5日前後となるのが、今年の実施期間は6月11日から25日までと大幅に延長。11月の実施分もその流れを汲んでおり、開催期間は本日から12月3日までの15日間となる。
関連記事:ユニクロ、9年ぶりの“神アイテム”発売でバカ売れ確定か 「これはヤバイ」■驚きの「感謝価格」期間中は、秋冬のマストアイテムがとんでもなく安くなるため、目星をつけていた商品は確実にゲットしておきたい。

例えばメンズ、ウィメンズ共に「ヒートテックインナー」は、990円から790円に値下げ。その他、ウィメンズの「ウルトラライトダウンコクーンパーカ」は7,990円から6,990円となるほか、メンズの「ハイブリッドダウンパーカ」は9,990円のところが7,990円に。ざっと見ただけでも、そのお得ぶりが伝わってくるだろう。
■「アパレル」の枠に収まらないプレゼントも…また6月の誕生感謝祭に引き続き、今回も19日~22日の4日間、全国のユニクロ店舗にて、地元銘菓を先着順でプレゼント。地元銘菓といえば土産ものにぴったりなイメージがあるが、それ故に「地元の銘菓を自分たちで食べたことがない」という人も多いのではないだろうか。

(画像提供:ユニクロ)事実、記者は幼い頃より由緒正しき埼玉県民であるが、埼玉名物と名高い「十万石まんじゅう」をこれまで食べた経験がない。「風が語りかけます」「うまい、うますぎる!」というキャチコピーは一応知っているのだが、これらも人伝で聞いた情報…という体たらくだ。編集部内で話を聞いてみたところ、やはり地元銘菓を「しょっちゅう食べていた」というケースはかなり少ないことが判明。今回の感謝祭を機に、地元の味を堪能してみるのも良いかもしれない。 (取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする