コロナ禍でフィンランド財団公認サンタクロースが来日を自粛…開始から30年で初めて

フィンランドの財団が公認したサンタクロースの来日が、新型コロナウイルスの影響で今年は見送られることが18日、関係者への取材で分かった。フィンランド航空が約30年前からクリスマスシーズンに合わせ日本に招いていた。中止は初めて。
関係者によると、新型コロナの感染拡大で出入国が制限されていることに加え、サンタは子どもたちとのふれあいを前提としており、「ディスタンス(距離)を確保するのはそぐわない」と、中止を決めたという。
財団公認サンタは例年、11月下旬~12月上旬にフィンランドから成田空港に到着。滞在中は各地の子どもたちと交流したり、東日本大震災の被災地などを訪問したりしてクリスマスムードを盛り上げていた。
サンタはフィンランドで常日頃、トナカイの世話をしながら世界中から届く便りに返事を書いているという。過去にはフィンランド・ラップランド州政府公認のサンタが、世界中から国際郵便でクリスマスカードが届く郵便事業会社の成田国際空港支店を訪れ、集配作業に追われる職員を激励したこともある。
昨年は12月3日に来日し、成田空港で「トナカイはクリスマス前で休んでいるから飛行機で来ました」と笑顔。ターミナル内では、地元の保育園児にぬいぐるみをプレゼントしたり、記念撮影に応じるなどしてふれあった。
新型コロナ対策のため全土で夜間の移動制限を実施するイタリアでは、コンテ首相が5歳の男の子から、サンタの外出を禁止しないようお願いされ「サンタさんは(特別な)申請書があるから世界中の子供たちにプレゼントを配れます」と回答。サンタの行動は世界の子どもたちの関心事となっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする