Googleで「一回転」と検索すると… 何が起きるか知っている?

(画像はGoogle検索画面のスクリーンショット)何かに役立つわけではないけれど、知っているとつい誰かに話したくなってしまう「雑談ネタ」。検索エンジン「Google」には、遊び心溢れる仕掛けがあることをご存知だろうか。
画像をもっと見る■「一回転」で検索してみると…インターネット上で「裏ワザ」「豆知識」として話題になっているのが、Googleで「一回転」と検索してみる……というものだ。しらべぇ編集部でも、Googleにて「一回転」と入れて検索をかけてみたところ……。

(画像はGoogle検索画面のスクリーンショット)なんと、検索結果がグルングルンと回転してしまった。静止画では伝わりにくいが、かなりアクロバティックに回転するので、ぜひ試してみてほしい。しかも「一回転」ではなく、数回ほど回転してくれるぞ。Google先生はお茶目でサービス精神旺盛な一面も持ち合わせているようだ。
関連記事:『JO1 HOUSE season2』連動企画 Yahoo検索で「JO1おみくじ」スタート■知る人ぞ知る裏ワザだったこちらは決して真新しい仕掛けではないのだが、「知る人ぞ知る裏ワザ」としてひっそりと広まっている模様。インターネット上には「ちょ、みんなGoogleで一回転って検索してみて」「Googleで一回転って調べてみ?」と、この裏ワザを誰かに話したくてたまらなくなってしまった様子のユーザーがちらほら。「昨日、Googleで『一回転』と検索してみて! と言われたので、検索してみたら…思わず『おおーっ!』と声が出てしまいました」と、初体験の感想をつづったツイートなども散見される。

■「斜め」で検索しても面白い

(画像はGoogle検索画面のスクリーンショット)ちなみにだが、Google先生のお茶目な一面を覗き見ることができる検索ワードは、「一回転」だけではない。「斜め」と入れて検索してみると……画像のように、検索結果が傾いて表示され、「斜め」の意味を視覚的に教えてくれるのだ。
■約8割「わからないことはネットで調べる」スマートフォンの普及に伴い、いまや人々の生活に欠かせない存在となった検索エンジン。しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,880名を対象に実施した意識調査でも、全体で81.2%もの人が「わからないことはすぐネットで検索する」と回答している。

試しに「ジャンプ」「反転」「逆さま」といったワードで検索してみたが、いずれも変化は起こらず。まだまだ知られていない仕掛けがあるかもしれないので、ぜひ発見してみてほしい。 (文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)【調査概要】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする