コロナ禍で消費異変、衣類・アクセサリー激減、レンタルDVDに追い風も

コロナ禍で一変した人々の生活や消費スタイル。リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京・新宿)の10月の消費者調査によると、前年と比べ自宅にいる時間が増えた人が増加し、逆に外食の頻度は減少する傾向となった。また、巣ごもり需要の拡大で「レンタルDVD」など、ちょっと意外なサービスに追い風が吹く結果にもなった。

半数以上が「外食頻度減った」
調査は10月23日~26日、全国の20歳~69歳の消費者1200人にネット上で実施した。2009年から年数回、定期的に実施している。

まず「自宅で過ごす時間」について、1年前より増えたかどうかを質問した。45%が「増えた」と回答しており、「減った」の5.7%を大きく上回った。前年同月の同じ調査では「増えた」は21.3%にとどまっており、新型コロナによるテレワーク化などの影響が伺える。

給与所得については1年前より「減った」が29.4%で、「増えた」の8.8%と対照的な結果となった。前年でも同じ傾向は見られたものの、やはり多業界に渡る不況が影を落としている。

具体的な消費動向についても聞いた。外食の頻度に注目すると「食事目的」「飲酒目的」の両方で、5割強の人が1年前より「減った」と回答した。調査時点ではGoToイートキャンペーンが既に開催されていたが、やはり全体的に外食自粛のムードが残っていたようだ。

利用頻度高まる中食
逆に「中食(弁当・総菜など)の購入頻度」については22.8%が「増えた」と回答しており、「減った」の10.9%を上回った。実は前年同期の調査では逆に「減った」が「増えた」を上回っており、コロナ禍が追い風になったと言えそうだ。

他にも顕著な影響が見られたのは「衣類・アクセサリーの購入金額」。32.1%が「減った」と回答した。前年同期でも同じ傾向が見られたが、10ポイント以上増えている。実際、百貨店などの小売りやアパレル業界では業績悪化が広がっており、EC活用などによる巻き返しが求められている。

ちょっと意外な結果となったのが、「レンタルDVD」「レンタルCD」の利用頻度。いずれも前年同期に続き「減った」比率が「増えた」比率を上回っているものの、「減った」率が縮小し、「増えた」人が増加する結果となった。動画配信サービスの台頭で実店舗の縮小が続くレンタル業界だが、コロナ禍による巣ごもり需要が意外な追い風となっているようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする