19日は季節外れの陽気 北海道など激しい雨も

19日 季節外れの陽気 北海道など激しい雨もの画像はこちら >>
19日は、全国の広い範囲で季節外れの陽気に。前線と低気圧の影響で北海道は雨が降り、九州、中国、四国でも雷を伴う激しい雨も。

今日19日(木)は、前線と低気圧の影響で、北海道は朝からが降りやすいでしょう。次第にが強まり、海や山は荒れる見込みです。夕方から夜は局地的にカミナリを伴った激しいが降ることがあり、道内ではあす20日(金)の朝にかけて、150ミリの大雨になる所がありそうです。と強に、ご注意下さい。低気圧から延びる前線が近づく九州と中国、四国は晴れ間もありますが、九州北部などの早い所では昼過ぎから、夜には広く雨になり、雷を伴い激しく降る所がありそうです。落雷や突風に注意が必要です。九州では100ミリの大雨になる所がありそうですから、大雨に、ご注意下さい。近畿から東海、北陸や長野も中は差しがありますが、局地的にが降りそうです。関東、山梨と東北南部は、雲が多めですが晴れ間があるでしょう。東北北部は、朝から雲が多く、朝までと夜はが降りそうです。沖縄は高気圧に覆われて晴れるでしょう。
きょうの最高気温 各地で季節外れの暖かさに

きょう19日(木)の最高気温は、全国の広い範囲で、この時期本来の気温を大幅に上回りそうです。10月中旬並みや上旬並みの所が多く、9月並みの所もあるでしょう。きのう18日(水)は、鳥取市や松江市、福井市、富山市で観測史上最も遅い夏日(最高気温が25℃以上)を観測しましたが、夏日になる地点数は、きのうと同じか多くなりそうです。晩秋に季節外れの陽気です。北海道は、道北や道東では10℃を下回りますが、道央は15℃から18度くらいまで上がるでしょう。東北は20℃前後の所が多い見込みです。関東、東海は22℃から24℃でしょう。北陸は25℃以上の所が多く、9月並みの陽気の所が多くなりそうです。この時期には珍しい2日連続夏日の所もあるでしょう。近畿から中国、四国、九州では25℃を超える所が多くなる見込みで、阪は25℃以上になると、観測史上で過去最も遅い夏となりそうです。沖縄は、30℃近くまで上がる所が多いでしょう。沖縄でも10月中旬から上旬並みの暑さです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする