二木芳人教授、今後の感染拡大を分析「まだこれから増える…あと10日から2週間は増えても不思議ではない」

19日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で、18日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者が2200人を超え1日の新規感染者の過去最多を更新したことを特集した。
東京は493人で、8月1日の472人を上回り過去最多となるなど感染が急拡大し、感染の警戒レベルを引き上げることを決めた。
スタジオで昭和大医学部の二木芳人客員教授は東京での感染の拡大に「私はだいたいこれぐらいの数字は予想していましたのでそれほど驚きはしませんでした。まだこれから増えるんじゃないかなと思う」と指摘した。
その理由を「だいたい感染者数が増加をはじめてからピークを打つのは過去の1波、2波を見てもだいたい1か月なんです。今、まだ増加が始まって2週間ぐらい。ですから徹底した対策を取らないと仮に取ってもその効果が出るのは少し後です。ですからあと10日から2週間は増えても不思議ではない」と解説していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする