中国地方 今夜は西から雨や雷雨 雨の後はゆっくり冷たい空気に入れ替わる

中国地方 今夜は西から雨や雷雨 雨の後はゆっくり冷たい空…の画像はこちら >>
きょう19日の中国地方は天気が下り坂に向かい、夜は西から雨や雷雨になるでしょう。あすの明け方にかけて広く雨が降り、西部を中心に雨の激しく降る所もある見込みです。強い雨や落雷、突風にご注意ください。また、雨がやんだあとは、来週のはじめ頃にかけてジワジワと寒気が流れ込む見込みです。季節外れの暑さから、この時季らしい気温に戻るでしょう。
19日夜から20日明け方にかけて雨や雷雨に、激しく降る所も

19日昼前の中国地方は晴れている所が多く、すでに山陰では25℃前後まで気温が上がっています。鳥取県の塩津では10時29分現在27.5℃となり、11月の観測史上最高気温となっています。午後は日本海にのびる寒冷前線に向かって、暖かく湿った空気の流れ込みが次第に強まるでしょう。全般に雲が多くなり、今夜からあす20日の明け方にかけて広く雨が降る見込みです。西部を中心に雨の激しく降る可能性があるため、急な強い雨や落雷、突風に注意が必要です。
21日土曜日から徐々にこの時季らしい気温に

あす20日金曜日の日中は山陽で天気が持ち直し、晴れ間が広がるでしょう。最高気温は平年より高く、20℃前後になる所が多い見込みです。21日土曜日は、中国地方全般に晴れて行楽日和となりそうです。徐々に冷たい空気に覆われてくるため、日中の最高気温は平年並みに戻る見込みです。22日の日曜日は一時的に天気の崩れがあり、雨が降る可能性があります。最高気温はほぼ平年並みとなるでしょう。23日月曜日以降は、概ね晴れる見込みです。朝は内陸部で冷え込み、日中はこの時季らいしい気温となるでしょう。風が冷たく感じられる見込みです。今週と来週で寒暖の差がかなり大きくなるため、体調を崩さないようお気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする