大学授業「対面実施を」=萩生田文科相、大学学長に改めて要請

萩生田光一文部科学相は19日、東京都内のホテルで国公私立大の学長と面会し、新型コロナウイルス禍での授業の在り方などについて意見交換した。冒頭あいさつで萩生田氏は「感染対策を講じた上で、可能なものは対面による授業の実施も検討していただきたい」と改めて要請した。
萩生田氏は「対面授業がいまだ十分に受けられないという学生の声が多く寄せられている」と話した。これに対し、日本私立大学協会会長代行の小原芳明・玉川大学長は「地方から東京に出ることに恐怖心を持つ学生もおり、対面授業を主にすると対応が難しくなる」と理解を求めた。
日本私立大学連盟会長の長谷山彰・慶応義塾長は「対面もメリットはあるが、教室での授業だけが学びではない」とし、大学教育の在り方を根本的に見直すべきだとした。公立大学協会会長の鬼頭宏・静岡県立大学長は「(対面授業の割合が低い)大学名を公表するぞという形での誘導は避けていただきたい」と訴えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする