楽天市場のブラックフライデー 市場調査で見えた「ご褒美需要」を狙う

楽天は11月19日午後8時から「楽天市場のブラックフライデー ポイント最大44倍」を開催する。目玉商品として、有名ブランドの空気清浄機や枕、PCなどを日替わりで掲載。購入店舗数に応じてポイントの倍率が最大10倍となる企画も初めて実施する。お得さを強調して「ご褒美需要」を狙う。

楽天市場のブラックフライデーは2017年から開催している。19年の人気ジャンルは、1位が魚介類・水産加工品、2位がテレビゲーム、3位が精肉・加工食品だった。これまでの実績を分析したところ、3年連続で食品、家電、インテリアジャンルが売り上げの上位を占めているという。

楽天は、今回初めてブラックフライデーに関する意識調査を実施。20歳~69歳の男女1000人を対象に調査を行ったところ「ブラックフライデーで買い物をしてみたい」と答えた人が819人。うち約7割が「自分へのご褒美となる買い物をしたい」と答えた。購入したい商品カテゴリーを尋ねると、家電(62.3%)、インテリア・寝具・収納(51.0%)、PC・周辺機器(50.0%)などが上位にあがったという。

こうした結果を受け同社は、大人が「自分のご褒美」として購入できる目玉商品として、有名ブランドの空気清浄機や枕、PCなどを日替わりで掲載することにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする