軽自動車初「FF+ターボ+6MT」で「ACC」「LKAS」も使用可能 ホンダ新型「N-ONE」発売

「Honda SENSING」も標準装備です。
ホンダが2020年11月19日(木)、新型軽自動車「N-ONE(エヌワン)」を11月20日(金)に発売すると発表しました。
エクステリアは、「丸・四角・台形」を「『N-ONE』らしさを構成する基本のかたち」と定めながら、より「N-ONE」らしさを感じさせるデザインに磨き上げたとのこと。
軽自動車初「FF+ターボ+6MT」で「ACC」「LKAS」も使用可能 …の画像はこちら >>新型「N-ONE RS(FF<6MT>)」(画像:ホンダ)。
インテリアは、必要なもの以外を大胆に削ぎ落とすとともに、ホンダ乗用車の原点である「N360」から継承する「M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム思想:人間のためのスペースは最大に、機械のためのスペースは最小限に)」から生まれた、燃料タンクを前席の下に収めるホンダ独創のセンタータンクレイアウトにより、ミニマルで心地よい室内空間を追求したそうです。
また、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備。軽自動車の6MTでは初めて、「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」と「LKAS(車線維持支援システム)」を採用したといいます。「RS」には、軽自動車初というFFターボと6MTの組み合わせも設定されました。
月間の販売計画台数は2000台で、全国メーカー希望小売価格は145万4000円から183万9000円です(税抜き)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする