東証1部上場企業の元社員らを逮捕 水増し発注で5億円超詐取か

電気設備工事を水増し発注し、勤務先から代金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は19日までに、詐欺容疑で、東証1部上場の設備工事大手「日比谷総合設備」(東京都港区)の元社員貫井篤紀容疑者(39)=江東区東陽=ら2人を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
他に逮捕されたのは、下請けの内装工事会社の元社員小森幸男容疑者(62)=墨田区緑=。同課は2人が同様の手口で、2012~19年に計約5億8000万円を詐取したとみて調べている。
逮捕容疑は17年3~4月、千代田区の大型ビル工事について、正規代金より約700万円多い見積書を日比谷総合設備に提出。同社に水増し分を含む約1120万円を小森容疑者が所属していた会社の口座に振り込ませ、だまし取った疑い。
同課によると、貫井容疑者らはこのビルの電気設備工事を担当していた。水増しした約700万円は貫井容疑者の自宅のリフォーム工事に充てられた可能性があるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする