がん診断患者の10年生存率は58.3% 改善傾向続く

国立がん研究センターなどの研究班は19日、2004~07年にがんと診断された患者の10年後の生存率が58.3%だったと発表した。10年生存率は改善傾向が続いており、前回調査(03~06年に診断)に比べて1.1ポイント上昇した。
がんの専門医療機関21施設で診断を受けた15~94歳の約9万4000人について、がん以外の死因の影響を除いて生存率を算出した。
主な部位別の生存率では、前立腺がんが最も高く98.8%だった。他は乳がん86.8%、大腸がん68.7%、胃がん66.8%、肺がん32.4%、肝臓がん16.1%などで、最も低い膵臓(すいぞう)がんは6.2%だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする