AIを使った偽AV動画「ディープフェイク」で3人逮捕

アダルトビデオ(AV)出演女優の顔を人工知能(AI)を使って女性芸能人の顔とすげ替えた偽動画を配信したとして、警視庁保安課は19日までに、名誉毀損(きそん)の疑いで、会社員二又正行(46)=東京都港区白金=、ホテル従業員窪謙太朗(23)=横浜市港北区鳥山町=両容疑者ら3人を逮捕した。二又容疑者は容疑を否認し、窪容疑者ら2人は認めているという。
同課によると、こうした偽動画は「ディープフェイク」と呼ばれ、眉や口の動きまで本物のように再現されている。ディープフェイクのAVがインターネット上で拡散するなど問題化しており、警視庁は9月、別の男らを同容疑などで逮捕している。
二又容疑者らの逮捕容疑は2019年12月~今年9月ごろ、AV女優の顔を女性芸能人の顔にすげ替えた偽動画をまとめたサイトを運営し、芸能人の名誉を傷つけた疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする