コロコロコミック表紙デザイナーが「同一雑紙の表紙を最も長く担当」でギネス世界記録に 小学生の心を34年間つかむ

小学館は18日、『月刊コロコロコミック』の表紙デザインを務める佐々木多利爾さんが、「同一雑紙の表紙を最も長く担当したデザイナー」としてギネス世界記録に認定されたことを発表しました。佐々木さんは1986年以降、34年間にわたり同誌の表紙を手掛けています。

月刊コロコロコミックは1977年創刊の児童向け漫画雑誌。ホビーやゲームの魅力を伝える情報誌としての側面もあり、小学生の喜ぶ要素がぎゅうぎゅうに詰め込まれた表紙が特徴です。

ギネス世界記録の記録内容は「Longest career as a magazine cover designer for the same magazine(同一雑誌の表紙をデザインした最長期間)」。日数は2020年7月15日までの34年213日です。

認定された佐々木多利爾さんは以下のようにコメントしています。

惚れた仕事にず~っと心ときめく!ここまで34年間『コロコロコミック』の表紙デザインを続けてこれました。編集の皆さまに激!爆!感謝です。親からもらった丈夫な身体も74年!この記録をどこまで伸ばせるか? 惚けるまで続けていきたいと思います。(佐々木多利爾)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする