アイリスオーヤマ、医療用N95マスクを国内生産 10億円を投じ月1万枚を生産

アイリスオーヤマは11月19日、医療機関で不足している医療用N95マスクを国内で生産すると発表した。約10億円を投じて宮城県の角田工場に製造設備を導入。2021年秋の稼働を予定していて、月1万枚の生産を計画する。また、除菌ウェットティッシュの製造も行い月100万個の生産を予定している。

アイリスオーヤマではこれまで、中国の大連工場と蘇州工場の2拠点に加えて角田工場へマスク生産設備を導入し、国内に月2億3000万枚の家庭用マスクを供給する体制を構築してきた。また、中国での感染拡大時に、マスクの資材である不織布の調達が困難になった経緯を踏まえて、同工場内に資材製造設備を導入している。

さらに同社は、マスクなどの感染症対策用品や生活必需品の備蓄倉庫として、茨城県のつくば工場敷地内に第2倉庫を増設する。約25億円を投資し、21年度中の竣工を予定する。

引き続き新型コロナウイルスの再流行や、インフルエンザなどの同時流行も懸念されている。アイリスオーヤマは、中国1国に依存する供給体制の見直しを進め、世界規模で物流に混乱や遅延が生じるような非常時でも、製品の安定供給を続けられる体制の構築を進める。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする