【緊急】コロナの影響で献血在庫がピンチ! 悲痛な叫びに「協力します!」の声

日本赤十字社によると、日本国内では1日あたりおよそ3千人が輸血を受けているといいます。
常に安定供給体制を維持する必要があるため、1日あたりおよそ1万3千人ぶんの献血を確保しなくてはなりません。
しかし、献血をする人は年々減少。また、2020年2月頃から感染拡大している新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響で、さらに献血をする人が減ってしまったのです。
コロナウイルスが感染拡大したことで、多くのイベントが中止に。そのため、人が集まる場所で献血を募る機会が減っています。
ただでさえ外出をする人が減っている上に、献血はこのような制限まで追加されてしまいました。
新型コロナウイルス感染症対策として以下に該当する方は「献血」をご遠慮いただいております。
◆ 今までに新型コロナウイルス感染症と診断された、または新型コロナウイルス検査(PCR、抗原または抗体検査)で陽性になったことがある方
◆ 新型コロナウイルス感染症が疑われ PCR または抗原検査を受けたが結果が陰性で、検体採取日から 4 週間以内の方
◆ 何らかの理由で新型コロナウイルス検査を受け、直近の結果がまだ出ていない方
◆ 現在、発熱及び咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状を含む新型コロナウイルス感染症を疑う症状(※1)のある方
◆ 4週間以内に新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者とされた方(保健所から、もしくは COCOA 等の通知)(※2)
◆ 味覚・嗅覚の違和感を自覚する方
◆ 海外から帰国して「4週間以内」の方
日本赤十字社 ーより引用
日々、感染者が増加しているコロナウイルス。2020年11月現在の規定では、一度コロナウイルスと診断された人や、感染した可能性がある人は献血を行うことができないのです。
日本赤十字社の関東甲信越ブロック血液センターによると、関東甲信越地域における適正在庫が1万800人ぶんであるにもかかわらず、同年11月13日には9300人ぶんに減ってしまったといいます。
関東甲信越地域では、コロナ禍の影響で献血者が減少し、また、供給量が増加しているため、血液在庫量が減少していますこのままでは、輸血医療に支障をきたす可能性があります患者さんが安心して治療が行えるように、どうか今すぐお力を貸してください献血会場は↓https://t.co/bUnnb6149r pic.twitter.com/mitRRcx47u
先述したように、血液の在庫は万が一の時に備えて常に安定した量を確保する必要があります。
もしこのタイミングで大きな災害が起こった場合、輸血できる血液の在庫がなくなってしまうかもしれません。最悪の場合、助かるはずだった命を救うことができなくなってしまいます。
関東甲信越ブロック血液センターは、この事態を受けて関東甲信越の1都9県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県)で400の献血募集を強化。
ネットで献血の協力を呼びかけたところ、悲痛な叫びを耳にした多くの人が「協力しに行きます!」と応えました。
もちろん、関東甲信越ブロック以外の地域でもコロナウイルスの影響で血液の在庫が不足しています。
日本赤十字社のウェブサイトでは、全国の血液センターや献血バスの場所やスケジュールを確認することが可能です。
日本赤十字社
1人の行動によって助かる命があるかもしれません。献血をすることができる人は、ぜひ協力をお願いします。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする