こんやからあすにかけて 局地的な激しい雨や落雷に注意

こんやからあすにかけて 局地的な激しい雨や落雷に注意の画像はこちら >>
西日本から北日本では、あす20日(金)にかけて、雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意してください。
落雷や突風、大雨の恐れ

前線を伴った低気圧が、発達しながら朝鮮半島付近を東へ進んでいます。低気圧はあす20日(金)にかけて、日本海から千島近海を東へ進み、低気圧からのびる寒冷前線が日本付近を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から北日本では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。西日本から北日本では、あす20日(金)にかけて、雷や竜巻などの激しい突風を伴って、激しい雨の降る所があるでしょう。ひょうの降る恐れもありますので、農作物や農業施設の管理に注意が必要です。
各地の雨や風のピークは

【九州】北部地方では、20日(金)朝にかけて、局地的に積乱雲が発達する恐れがあります。落雷や竜巻などの突風に注意してください。【四国】20日(金)昼前にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意が必要です。朝の通勤・通学の時間帯に雨や風のピークが重なるため、いつもより時間に余裕をもって、足元に気をつけてお出かけください。【近畿・東海・北陸】20日(金)未明から夕方にかけて、局地的に雷雲が発達する恐れがあります。真っ黒い雲が見えて、雷の音が聞こえてきたら、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意が必要です。頑丈な建物の中に移動するなど、安全の確保に努めてください。【東北】日本海側では、20日(金)未明から昼前にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。20日(金)午後6時までに予想される24時間雨量は、秋田県の多い所で100ミリです。また、20日(金)の明け方にかけて、強い風にも注意・警戒してください。【北海道】日本海側と太平洋側西部では、19日(木)夜から20日(金)明け方にかけて、雷を伴って道路が川のようになるほど激しい雨の降る所があるでしょう。海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしける見込みです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風、高波に十分注意してください。なお、20日(金)午後6時までに予想される24時間雨量は、日本海側と太平洋側西部で120ミリで、20日(金)にかけての波の高さは、日本海側南部と太平洋側西部で5メートルの予想です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする