11月18日尼崎市発砲事件 ヤクザの“壁撃ち”が業界で笑われる理由

11月18日午前0時過ぎに兵庫県尼崎市の住宅街で発砲事件が起きた。銃撃されたのは六代目山口組司興業傘下の琉真会(仲本政弘会長、司興業顧問)の事務所である。

今回の司興業(琉真会)へのカエシの結果、再び抗争は起きてしまうのか。六代目山口組(6)の動向に詳しいX氏は次のように話す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする