ウーバーイーツでトラブル頻発、配達員を雇っているのは注文した客?

先日、ウーバーイーツの配達員に追突された女性が賠償を求めてウーバージャパンを提訴したと報じられた。

衝突されたという被害者女性は、配達員がウーバーの事実上の指揮監督関係にあるとして、配達員に加えて同社にも事故の責任があると主張している。ウーバー側はこの訴訟に対して争う姿勢を示しているようだ。

ウーバーイーツは近年始まったばかりのサービスだが、たびたびトラブルが話題になっては悪評を振りまいている。特にトラブルを起こしているのが配達員だが、その契約形態は独特だ。ウーバーイーツと配達員の契約はどのような内容になっているのか。多数の消費者トラブルに対応してきた司法書士として、頻発するウーバーイーツのトラブルについて考えてみたい。

配達員を雇っているのはウーバーイーツではなく注文した客?
ウーバーイーツが登場する前は、例えばラーメン屋に配達を依頼すると、配達に来るのはラーメン屋の従業員だった。配達途中で事故が起これば、従業員と雇用主であるラーメン屋も責任を負う。自分の展開する事業で雇った従業員が事故を起こせば責任を負うという、「使用者責任」といわれるものだ。

ウーバーイーツを利用して飲食店に配達を頼むと、形からすればラーメン屋に配達を依頼するのと何も変わらないようにみえるが、ウーバーイーツの契約形態は全く異なるものだ。

ウーバーイーツの規約を読んでみると、このような記載がある。

貴殿は、Uberがデリバリー等サービスを提供するものではなく、全ての当該デリバリー等サービスはUber又はその関連会社により雇用されていない独立した第三者の契約者により提供されることを了承することとします。

要は、飲食店の配送については、注文者とドライバーの間で契約されるもので、ウーバーイーツとしては、注文者と飲食店とを配送サービスでつなぐ「場の提供」をしただけですよ、ということになる。

この規約からすると、ドライバーを雇っているのは、ウーバーイーツではなく「注文した客」ということになる。

取引の場所を提供するビジネス、といえばヤフオクのようなネットオークションや、最近ではキッズラインのようなベビーシッターや家事代行もある。一昔前には「出会い系サイト」と呼ばれていた人と人をつなげるマッチングアプリも、最近では人気が高いものだと数百万人も登録している盛況ぶりだ。

このようなサービスはネットビジネスとしてもはや珍しくない。ITで取引をローコストかつ円滑にマッチングできる仕組みは消費者にとって便利な仕組みだが、いざトラブル発生となればどうなるか。上記のようなマッチングを目的としたサービスも、ウーバーイーツ同様トラブルとは無縁ではない。むしろトラブルが起きやすいサービスだ。

特にウーバーイーツは運ばれてきた料理がメチャクチャに崩れていた、配達員が交通違反をしている、更にひどいものでは衝突事故や料理を配達先でぶちまけるといったものまで報じられ、トラブルが起きるたびにSNSで話題になる。冒頭で紹介した裁判になっているトラブルもその一つだ。

注文者は、ドライバーの事故について責任を負うのか?
先ほど述べた一般的なラーメン屋の例では、配達中にドライバーが事故を起こせばラーメン屋が使用者として責任を負うと述べたが、ウーバーイーツを利用した場合、注文者は本当に使用者責任を負わなければいけないのだろうか。

ウーバーイーツのようなサービスは登場したばかりで争われた例はないが、注文者がこの使用者責任を負う可能性は低いのではないか。この場合、使用者とドライバーとの間で指揮監督関係があったかどうかが判断のポイントとなる。アプリを利用して注文をしただけの注文者にドライバーとの間で指揮監督関係があるとは考えにくいからだ。

ではウーバーイーツは「使用者責任」を負うのだろうか。

ウーバーイーツとドライバーとの間には雇用関係はないが……
冒頭でふれた裁判では、この点が争われると思われる。事故が起こった際の配達業務について、契約関係にあるのはあくまで注文者とドライバーであって、ウーバーイーツとドライバーに雇用関係はないからだ。

しかし、ドライバーは「Uber Eats」というロゴのあるバッグを背負って配達を行うが、いざ事故が起こってしまった際、「その事故にウーバーイーツは関係ないですよ」といえるのだろうか。

冒頭で紹介した記事では「ドライバーに対して、警察による安全運転講習を受講させたり、損害保険に加入させたりしている」とあり、ドライバーに対して一定の監督責任を果たすべく施策を講じているように見える。

またウーバーのWebページによると、ドライバーが事故を起こした場合は、ウーバーイーツが用意している保険の適用を受けることができるとされている(配達中に限る)。従業員ではないものの一定の保証を与えているようだ。

このようなウーバーと配達員の関係は、使用者としての責任がないといえるほど弱いものなのか? かなり無理のある主張に見えるが、ウーバーの作り出したシステムは、これまでにはなかったシステムであるため、裁判所の判断が待たれるところだ。

マッチングサービスの運営者として求められるものとは?
似たようなサービスを展開する出前館を見ると、出前館の配達ドライバーは出前館が雇用するパート・アルバイトという位置づけになっており、誰が使用者かはっきりしている。ウーバーイーツの展開する「場の提供をしただけ」のサービスは独特なものだ。

以前、「さきめし」というアプリについて記事に書いた。「さきめし」は新型コロナウィルスの影響で飲食店が営業自粛に追い込まれるなか、利用者がいきつけの飲食店にお金を先払いして支援するユニークな仕組みだ。

「さきめし」は先払いした飲食店が閉店しても返金は保証しない。あくまで先払いした利用者の自己責任とするシステムで、これも前述の各種マッチングサービスと同じで、取引の場を提供する仕組みだ。記事では、利用者に全てのリスクを被せる運営方法は問題ではないか? と指摘した。同様の指摘はウーバーイーツにも当てはまる。

ウーバーイーツで起きているようなトラブルは、自分に全く関係ないと思っている人は多いかもしれない。しかし雇用形態や取引方法が多様化し、副業も当たり前になりつつある現在、働く側としても消費者としても無関係とはいえない状況になっている。

そして場を提供しているだけだからトラブルが起きても責任はない、というやり方ではマッチングサービスが無法地帯になることは、ネットオークションや出会い系サイトの歴史を見れば容易に想像できる。キッズラインも、過去に性犯罪を起こした人をシッターとしてマッチングさせてしまい、トラブルが発生したばかりだ。

ウーバーイーツのビジネスモデルは未完成
消費者は飲食店の利用が手軽にできる、飲食店側は自前の配達員がいなくてもデリバリーが可能になる、という仕組みでウーバーイーツは双方にとって大きなメリットを生み出すビジネスモデルだ。

その半面、配達員によるトラブルや交通事故のニュースは頻繁だ。筆者も歩道を歩いている際、ウーバーイーツの自転車ドライバーが猛スピードで筆者の体のぎりぎりをすり抜けていき、ヒヤッとしたような経験は一度や二度ではない。

これは新しいサービスだから目立っているだけと到底いえる状況ではない。愛知県警がウーバーイーツに交通ルール順守を求める要望書を送付したとも報じられおり、利用者の増加に伴ってトラブルが多発していることは間違いないだろう。

もちろん、利用者が急増していることはそれだけニーズがあることも意味している。ウーバーイーツは、新しいサービスが広く社会のインフラとして受け入れられるような仕組みも併せて作る責任があるはずだ。

マッチングサービスは問題が起きやすいからこそ安心して利用できる仕組みが必要となる。場合によっては出会い系サイトが法律で規制され、ベビーシッターのマッチングサービスも性犯罪者を排除する仕組みが求められているように、ウーバーイーツの対応次第で法的な規制を求める声が出てくるかもしれない。

交通事故となれば契約関係にない第三者まで巻き込むことになる。本訴訟を含め、ウーバーの対応を注視したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする