人と関わらずにできるおすすめの仕事ランキング 1位は在宅ワーク

メディア運営などを手掛けるビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は11月17日、「人と関わらずにできる仕事」に関するアンケート調査の結果を発表した。

どんなことに苦痛を感じるか
まず、「仕事をするうえでどのような関わりを苦痛に感じるか(複数回答可)」と尋ねたところ、「顧客対応」(273人)という回答が最も多く、「苦手な上司や同僚との関わり」(227人)、「雑談」(194人)、「ランチ・飲み会・帰り道が一緒」(136人)と続いた。

1位の「顧客対応」と回答した人からは「クレーム対応が苦手で、怒鳴られると言葉が出なくなってしまう。理詰めで話すお客さまも疲れる」「知らない相手に電話をするときに猛烈に緊張する」といったコメントが寄せられた。

2位の「苦手な上司や同僚との関わり」と回答した人からは「この人苦手なタイプだなと思うと話すのもイヤ」「上司との会話が苦痛。自分の意見が全て正しいと思っており、少しでも反対の意見を言うと不機嫌になるので面倒」といったコメントが寄せられた。

3位、4位の回答をした人からは、「仕事以外の時間で気を使いたくないし、ご飯は一人で食べたい」「『旦那さんは何してるの?』『お子さんは?』など根掘り葉掘り聞いてくる人や距離を縮めてくる人が苦手」といった声があった。職場の人と仕事以外にかかわりたくないと考える人が一定数いることがうかがえる。

人と関わらずにできるおすすめの仕事
次に、「人と関わらずにできるおすすめの仕事(複数回答)」を尋ねたところ、「在宅ワーク」(358人)という回答が最も多く、「工場・倉庫での作業」(275人)、「データ入力」(60人)、「清掃員」(56人)、「エンジニア系職種」(54人)と続いた。

1位の「在宅ワーク」と回答した人からは「(クライアントとのやりとりはあるが)外で働くような上下関係はないので、関わりを最低限にできる」「全てオンライン上でやりとりできるため、ストレスをほとんど感じない。また、スキルがあれば一定水準以上の収入が得られるため、生活が成り立つ」といったコメントが寄せられた。ビズヒッツは「ひと昔前まで、在宅ワークといえば『内職』でしたが、今はPCとスキルさえあれば、会社に勤務するのと同じくらいの収入を得られる時代になった」と分析している。

2位の「工場・倉庫での作業」と回答した人からは、「1人での単純作業が多いので同僚とのコミュニケーションが必要最低限で済む」「全く人と関わらないわけではないが、口よりも手を動かさないと仕事が終わらないので話すことがほとんどない」といった声が寄せられた。

3位の「データ入力」と回答した人からは「スピードと正確さは求められるが、その代わり周りも邪魔をしてこないので黙々と作業できる」「作業のルールが明確で 、相談などのコミュニケーションが発生しにくく、黙々とこなすだけで良い」といった声が寄せられた。

同調査は男女1000人を対象にインターネット上で実施した。調査期間は11月1~9日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする