民家に発砲か=銃撃現場近く、けが人なし―兵庫・尼崎

18日午前0時15分ごろ、兵庫県尼崎市南武庫之荘の住宅街で「パンパンパンと3回聞こえた」と近隣住民から110番があった。県警尼崎北署員が駆け付けたところ、民家の外壁と玄関ドアに銃弾が撃ち込まれたような穴が3カ所あった。付近では3日に暴力団幹部らが銃撃される事件があり、県警は発砲事件として関連などを調べる。
同署によると、弾痕のような穴はドアに1カ所、外壁に2カ所あった。室内には男女2人がいたが、けがはなかったという。
現場は、阪急電鉄神戸線武庫之荘駅から南西へ約1キロ。南に約1.5キロ離れた同市稲葉元町では3日、特定抗争指定暴力団神戸山口組の幹部ら2人が拳銃で撃たれる事件が発生。対立する同山口組系組員2人が逮捕されている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする