コロナ感染拡大地域の移動自粛を=東京に「危機感」―日医会長

日本医師会の中川俊男会長は18日の定例記者会見で、同日の新型コロナウイルスの感染者が東京都で過去最多の493人となるなど、全国的な増加が続いていることに関し、「感染が拡大している地域への移動を自粛してもらうことが重要だ」と述べ、慎重な行動を呼び掛けた。特に東京の現状について「中高年者の感染割合が増えているのが一番心配だ。危機感を持たないといけない」と強調した。
中川氏はまた、「『秋の我慢の3連休』としてほしい」とし、今週末の不要不急の外出を控えるよう訴えた。
一方、政府の観光支援事業「Go To トラベル」をめぐっては、「エビデンス(証拠)ははっきりしないが、感染者急増のきっかけになったことは間違いないと思う」と指摘。「現時点で『Go To トラベル』を見直さないのであれば、国民に(移動の自粛を)直接お願いしたい」と語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする