仏教界も『鬼滅の刃』に注目 息子のキメハラ影響で住職がまさかの行動に

もはや社会現象として定着し、破竹の快進撃を見せている『鬼滅の刃』だが、中には「こんな所にも!?」と思わず二度見してしまうような場所に鬼滅のエッセンスを発見するケースも。
■『鬼滅』の親和性はスゴい『鬼滅』の舞台となるのは大正時代の日本。それ故に現代日本の倫理観や、古来より伝わる仏教観とリンクする点も随所に見られ、多方面の業界からも注目を集めている。寺院各所では敷地内の掲示板に「今月の格言」的な文言を貼り出すケースが多いのだが、ここにも“鬼滅フィーバー”の余波が。作品に登場する格言が、様々な寺院にて貼り出されているようだ。
関連記事:コンビニの鬼滅コラボ飯と「鬼ころし」は相性抜群 鬼殺隊が給食にするレベル■『鬼滅』の名言製造機『週刊少年ジャンプ』連載時より「光るものがある」と度々言われてきた同作だが、やはりその魅力を語る上で、センスあふれる台詞回しは避けては通れないだろう。とくに主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)の台詞は「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!」といった情熱が伝わってくるものや、「俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった」のような謎理論などバリエーションが非常に豊かで、思わず声に出して読みたい名言が多いのだ。仏教界も『鬼滅の刃』に注目 息子のキメハラ影響で住職がま…の画像はこちら >>しかし仏教関係者のハートを射止めまくっているのは、現在公開中の映画のキーパーソンである煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)その人に他ならない。■息子の「キメハラ」が思わぬ方向へ…

記者は、掲示板に「老いるからこそ 死ぬからこそ 堪らなく 愛おしく 尊いのだ」と、煉獄さんの名言を貼り出している都内の某寺院に取材を敢行。この台詞を掲示した経緯について、話を聞いてみた。ひょっとしたら住職が同作の大ファンなのかも…と予想していたのだが、「全く読んでいません」と一蹴されてしまう。なんでも中学3年生の息子が『鬼滅』に大ハマりしており、その影響で色々と調べてみたところ、こちらの名言に出会ったのだとか。「まあ、いわゆるキメハラ(鬼滅の刃ハラスメント)ですよね…」と苦笑する住職だが、記者も中3の頃はクラスメイトらと『BLEACH』のポエムや詠唱、解合を真似しあっていたので、思春期男子の漫画愛は非常によく分かる。
■『鬼滅』と仏教「『鬼滅』自体には興味がない」とつれない様子の住職にとっても、煉獄さんの名言はかなり心に響いた模様。「この言葉は命の大切さをヒシヒシと説いており、非常に仏教的です」「老いていくからこそ、病気にかかるからこそ、人は命を大切にするべきなのです」と肯いてみせた。仏教用語には「生老病死」(しょうろうびょうし)という言葉があり、こちらは人間が決して避けることができない「生まれること、老いること、病気にかかること、死ぬこと」の4つの苦悩を意味する。こういった仏教的な側面を理解しつつ作品を改めて読み返すと、新たな発見があるかもしれない。 (取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする