古川祭味わうナイトミュージアム初開催=岐阜県飛騨市〔地域〕

岐阜県飛騨市は、6月にリニューアルオープンした市営観光施設「飛騨古川まつり会館」を夜間開放し、伝統の古川祭の風情を楽しむ「飛騨ぼんぼりナイトミュージアム」を初開催した。新型コロナウイルスの影響で古川祭は中止になったが、来館者は臨場感あふれる展示や、郷土料理のもてなしなどを楽しんだ。
古川祭は、祭りの夜に親戚や友人を招いてごちそうを振る舞う「呼び引き」が風習で、ナイトミュージアムでは、地元酒蔵の日本酒と郷土料理のころ芋の煮っ転がしなどで「呼び引き」を再現。会場入り口に約170の「祭(まつり)ぼんぼり」を設置し、幻想的な風情を演出した。
観光課の石原伶奈さんは「古川祭の雰囲気を味わってほしい。ナイトエコノミーを宿泊につなげ、観光業を支援したい」と語った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする