蓮舫氏、早期解散発言の安倍前首相をチクリ「菅総理への畏敬の念が微塵も感じられないです」

立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が17日までに自身のツイッターを更新。体調が回復し、政治活動を再開した自民党の安倍晋三前首相(66)の現政権に対する姿勢を批判した。
この日、安倍氏が党所属議員のパーティーで衆院の解散、総選挙について「今の(内閣)支持率を見ると、非常に強い誘惑に駆られる」と述べ、早期解散の可能性もあるとの認識を示したという記事を貼り付けた蓮舫氏。
安倍氏の菅義偉首相(71)に対する姿勢について、「菅総理への畏敬の念が微塵も感じられないです」と短い言葉で批判していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする