ホンダ、「CRF250L」「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジ

Hondaは12月17日、「CRF250L」「CRF250 RALLY」をフルモデルチェンジし、発売する。

「CRF250L」「CRF250 RALLY」は、力強く扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・249cc単気筒エンジンを搭載し、市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの軽快な走りが魅力のオン・オフロードモデル。

今回のフルモデルチェンジにあたり、従来から好評のオンロードでの扱いやすい性能はそのままに、オフロードでの走破性を高めるなど、よりトータルバランスに優れたモデルとすることを狙いに、力強い出力特性の実現と徹底的な軽量化を行なった。

「CRF250L」は、「On(日常の便利さ)とOff(休日の楽しさ)に磨きをかけた『Evolved ON-OFF GEAR』」を開発コンセプトに、市街地などのオンロードでの扱いやすさと、オフロードでの走破性を高次元で両立した。

デザインは、競技用モトクロスマシン「CRF450R」のイメージを踏襲した、シャープで力強いスタイリング。今回、新たに薄型のLEDヘッドライトを採用することで、軽量かつスリムな印象とアグレッシブな走りを予感させるものとした。

カラーリングは、レーシングイメージ溢れるエクストリームレッドを設定。また、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高245mm、シート高830mmの「CRF250L」に対し、前後のサスペンションストロークを伸長し、シートの厚みを変更することで最低地上高285mm、シート高880mmを確保し、オフロード走破性を向上させた「CRF250L<s>」をタイプ設定することで、ユーザーの多様なニーズや嗜好に応えるラインアップとしている。

「CRF250 RALLY」は「The Dakar Replica週末の冒険者」を開発コンセプトに、市街地からオフロードまで幅広いシチュエーションでの扱いやすさと、従来から好評を得ているツーリング性能や快適性をより一層向上させる開発を行なった。

デザインは、ダカールラリーに参戦するレーシングマシン「CRF450 RALLY」の思想を継承。ウインドプロテクション性能に優れた大型ウィンドスクリーンやカウル、フレームマウントの左右非対称の二眼LEDヘッドライトにより、250ccクラスの枠を超えた威風堂々とした存在感のあるスタイリングを実現した。

また今回、新たに容量12Lの大型フューエルタンクを採用し、燃費性能およびツーリング性能を向上。さらに、ハンドルウェイトの採用やステップにラバーを追加するなど各部の熟成を図り、振動の軽減や快適性、居住性を追求した。

カラーリングは、「CRF450 RALLY」を彷彿させるエクストリームレッドを設定。さらに、日常での扱いやすさと足つき性に配慮した最低地上高220mm、シート高830mmの「CRF250 RALLY」に対し、よりオフロード走破性を向上させることを目的に、前後のサスペンションストロークを伸長(最低地上高275mm、シート高885mm)させた「CRF250 RALLY<s>」をタイプ設定することで、多様なニーズや嗜好に応えるラインアップとした。

メーカー希望小売価格(税込)は、「CRF250L」「CRF250L<s>」が各59万9,500円。「CRF250 RALLY」「CRF250 RALLY<s>」は各74万1,400円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする