野口さん、ISSに到着=米民間宇宙船、ドッキング成功―半年間の長期滞在開始へ

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に臨む野口聡一さん(55)が搭乗した米民間宇宙船「クルードラゴン」運用初号機は17日午後1時1分(日本時間)、ISSにドッキングした。午後3時2分には、連結部のハッチが開かれ、野口さんら4人がISSに乗り移った。約半年間の長期滞在が始まった。
16日に打ち上げられたクルードラゴンは、ほぼ全自動でISSに向けて飛行。最後は秒速10センチ以下のゆっくりとした速度でドッキングした。
ISSとの間をつなぐハッチが開かれ、野口さんらが入室。待ち受けていたISS滞在中の飛行士と抱き合い、無事の到着を喜び合った。
米航空宇宙局(NASA)などによると、飛行はおおむね順調。16日の軌道投入後、姿勢制御エンジンの燃料配管を保温するヒーターが作動しないトラブルが判明したが、ソフトウエアの更新で直ったという。
野口さんのISS滞在は、前回2009~10年の長期滞在以来約10年ぶり。野口さんの帰還直前に打ち上げられるクルードラゴン運用2号機には、星出彰彦さん(51)が搭乗する予定で、順調に行けば日本人2人が同時にISSに滞在する可能性もある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする