園児28名が給食後に発疹 生魚だけでないヒスタミン食中毒の実態を東京都に直撃

(kwanchaichaiudom/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)11日午前11時から給食を食べ始めた墨田区の園児たち28名が、約10分後に腕や顔に発疹の症状が現れた。この原因はヒスタミン食中毒とみられている。しらべぇ取材班は、このあまり聞きなれない食中毒の実態を追った。
画像をもっと見る■園児のみが中毒症状を発症東京都福祉保健局によると、症状を呈した園児たち全員が保育園で提供されたきつねうどんを食べていたという。この給食をヒスタミン検査したところ、きつねうどんやきざみ揚げ、だしパックから最高で20ミリグラムのヒスタミンを検出。大人一人当たり22~320ミリグラムのヒスタミンを摂取すると、食中毒症状を呈する。子供はヒスタミンの感受性が高いと言われており、大人もきつねうどんを食べていたが、発症したのは園児のみだった。
関連記事:ボタン電池の誤飲で女児が壮絶死 医師はレントゲン検査せず食中毒と診断■重症化すると呼吸困難や意識不明にヒスタミンによる食中毒は、赤身魚に多く含まれるアミノ酸の一種であるヒスチジンが多量のヒスタミンに変わってしまったときに起こる。

ヒスチジンが多く含まれる魚(上グラフで赤身魚はオレンジ・白身魚は緑)ほど、ヒスタミン食中毒の原因になりやすい。発症すると食べた直後から1時間以内に顔面硬直やじんましん、頭痛、発熱などの症状が出る。重症の場合は呼吸困難や意識不明になることもあるが、死亡事例はない。

■加熱や加工で分解されない今回の食中毒は、だし汁に使われたカツオぶしが原因ではないかと考えられている。魚の加工中にヒスタミンに汚染される場合もあれば、水揚げ時にすでに汚染されている場合もある。一度できてしまったヒスタミンは、加熱や加工しても分解されない。過去には、社員食堂で「カジキの照り焼き定食」を食べた36名が発疹、頭痛などの症状を呈し、うち16名が入院。カジキの照り焼きから高濃度のヒスタミンが検出された。

■冷温保存の徹底が大事保健福祉局の担当者は、ヒスタミン食中毒を防ぐための方策として「魚やその加工品は10℃以下の冷蔵保存を徹底することが大事で、常温放置をしてはいけない」と話す。また冷蔵保存の場合でも、長期間の保存でヒスタミンが増えることがあるため、できるだけ早く食べることも必要となってくる。さらに食べている最中に、香辛料とは異なる舌や唇に刺すような「ピリピリ」とした感覚があった場合には、ただちに食べることを止める判断が必要だ。 (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする