「間違った金と思った」=案里被告、法廷で涙―参院選大型買収・東京地裁

昨夏参院選をめぐる大型買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の2回目の被告人質問が17日、東京地裁(高橋康明裁判長)であった。案里被告は、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=公判分離=が多額の現金を地元議員らに配っていたとの報道を知り、「不安になって『一体何の金か』と夫を厳しく問いただしたが、『あんたは知らない方がいい』と言われた」と述べた。
案里被告は「夫の口ぶりで、間違ったお金なんじゃないかと思った」と涙を流しながら説明。「私の選挙なのだから私が知る義務も責任もある」と訴えたが、結局詳細については教えてもらえなかったと話した。
一方、自身が広島県議に配った現金の原資については、生活費や車代などから捻出したたんす預金だったと述べた。
検察側は、被告人質問での案里被告の主張と証拠との矛盾点を追及した。案里被告は質問の多くに「記憶にない」「分かりません」と述べて回答を避けた。
8月の初公判で「当選祝いとお見舞い」と説明した県議への50万円については、「正しくは陣中見舞い。言い間違えたのではないか」と主張を変える場面もあった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする