路上で殴られた女性が死亡 傷害致死容疑で捜査

16日午前5時すぎ、東京都渋谷区幡ケ谷の路上で「女の人が倒れている」と、通行人から警視庁代々木署に通報があった。駆け付けた同署員が意識不明の状態で倒れている60代ぐらいの女性を発見。搬送先の病院で死亡が確認された。
同署によると、付近の防犯カメラには同日午前4時ごろ、バス停のベンチに座っていた女性を、男が袋のようなもので突然殴り付ける映像が映っていた。男はすぐに現場を立ち去っており、女性の持ち物を盗む様子は確認されなかったという。
同署は傷害致死事件とみて男の行方を追うとともに、女性の身元を調べている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする