小池知事とバッハ会長が面会…五輪開催へ連携確認「選手は渡航前に予防接種を」

東京都の小池百合子知事(68)は16日、都庁を訪問した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)と面会し、新型コロナウイルス感染拡大により来年に延期となった東京五輪・パラリンピック開催に向けた連携を確認した。
冒頭のみ報道陣に公開され、両氏は肘を突き合わせる“肘タッチ”を交わしあいさつ。小池知事は「1年延びたとはいえ、東京大会をウイルスに打ち勝った大会として開きたい」と改めて開催意思を表明し、「(大会)簡素化に向けた努力をしている。五輪・パラの新たなモデルを示していくものと考えている」と述べた。
バッハ会長も「知事の強いコミットメントを再確認し、大会を主催する決意を聞けて心強い」と応じた。開催に向けて最大の課題となる感染防止対策については、「ワクチンが提供されるようになった場合は、なるべく多くの選手に母国で予防接種を受けた上で、日本に渡航するための最大限の努力を約束する」との方針を示した。
面会には、国際体操連盟・渡邊守成会長、IOC・コーツ調整委員長、JOC・山下泰裕会長らも出席した。
五輪延期決定後、初来日となったバッハ会長は18日まで滞在予定で、16日夕に大会組織委員会の森喜朗会長(83)と都内で記者会見を行い、17日は選手村や国立競技場を視察する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする