コロナ禍で「関係が悪化した夫婦」はどの程度いるのか? 明治安田生命が調査

明治安田生命は11月16日、 「いい夫婦の日」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査からは、コロナ禍が夫婦関係に与えた影響が明らかになった。

20代~50代の既婚男女に対し、コロナ禍で夫婦関係がどう変化したのかを聞いたところ、「変わらない」(74.3%)という回答が最も多く、「仲がよくなった」(19.6%)、「仲が悪くなった」(6.1%)と続いた。

「仲がよくなった」と回答した人にその理由を尋ねると、「コミュニケーションや会話の機会が増えたため」(62.5%)がトップとなり、「一緒に食事をする頻度が増えたため」(37.1%)、「支えになる人が側におり、心強いと感じたため」(21.1%)と続いた。テレワークなどの浸透によって、在宅時間が増えたことが影響しているのではないかと同社は分析している。

次に、20代~70代の既婚男女に夫婦関係が円満かどうかを尋ねたところ、「円満である」(77.8%)が最も多く、「どちらともいえない」(15.1%)、「円満でない」(7.1%)と続いた。

円満だと回答した人の会話時間と、円満でない人の会話時間にはどんな違いがあるのか。調査によると、円満な人の平日における会話時間が平均146分だったのに対し、円満でない人の会話時間は平均53分だった。また、休日になると、前者が平均273分だったのに対し、後者は平均83分だった。同社は「夫婦の円満度とコミュニケーションの時間は比例する関係にあるようだ」と分析している。

今回の調査は全国に住む20歳~79歳の既婚男女1620人を対象に、インターネット上で行われた。調査期間は10月12日~16日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする