夜霧に浮かび上がる製鉄所 写真家の撮影した1枚が『幻想的』と話題

2020年11月13日、写真家の小林哲朗(@kobateck)さんがTwitterを更新。
北海道室蘭市にある製鉄所を撮影した1枚が、大きな反響を呼んでいます。
10万人以上が『いいね』した、こちらの1枚をご覧ください。
霧が発生している時の室蘭の製鉄所。 pic.twitter.com/xHPAY9lrqE
夜霧の中、浮かび上がる製鉄所の風景は、なんとも幻想的…!
『鉄の町』とも呼ばれている室蘭市。特に製鉄業は明治時代から鉄鋼製品を供給し、日本の工業を支えてきた歴史があるそうです。
ネット上では、さまざまなコメントが寄せられました。
・夜のライトに照らされている工場は、なんだか生命力に似たようなものを感じます。
・すごくきれい。まるで雲の上の工場です。
・なんだか不思議な光景です。映画やゲームの世界に迷い込んだみたい…。
・地元の見慣れた光景がこんなに素敵に撮ってもらえるなんて、感激です!
自然の風景も美しいですが、人間の暮らしのため動き続ける工場の風景もまた、心に響くものがありますね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする