博報堂DY子会社、元社員逮捕=架空発注、7億円詐取か―警視庁

テレビCMの制作業務を架空発注し、自社から現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は16日、詐欺容疑で、広告大手「博報堂DYホールディングス」(東京都港区)子会社の元社員中島真毅容疑者(43)=大田区東蒲田=ら4人を逮捕した。いずれも容疑を一部否認しているとみられる。
他に逮捕されたのは、会社役員大林剛(37)=江東区有明=、同野田貴大(37)=渋谷区猿楽町=両容疑者ら。同課は中島容疑者らが2016年以降、同様の手口で計約7億円を詐取したとみて調べている。
中島容疑者の逮捕容疑は、同子会社「博報堂DYメディアパートナーズ」(港区)に勤務していた18年11月、テレビCMの制作業務を大林、野田両容疑者がそれぞれ所属していた都内の会社に架空発注。虚偽の請求書を提出して博報堂DYメディア社に計約3200万円を振り込ませ、だまし取った疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする