厚労省イベントに赤江アナ、デーモン閣下「ロックはやっぱり声出してなんぼ」

フリーアナウンサーの赤江珠緒、ミュージシャンのデーモン閣下らが16日、都内で行われた厚生労働省主催の新型コロナ禍における「上手な医療のかかり方」特別対談イベントに出席した。
同イベントは、新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、「上手な医療のかかり方」に関するトークを行い、正しい行動への理解促進を目的としたもの。赤江アナとデーモン閣下は厚生労働省医政局長の迫井正深氏とのトークセッションに登場した。
上手な医療のかかり方大使でもあるデーモン閣下は自身のメイクがプリントされたオリジナルのフェイスシールドで登場。コロナ禍のエンターテインメントの現状についての話になると「これがいつまでこの状態なのだろう。いったい生で、観客の前でロックが…ロックはやっぱり声出してなんぼでしょというのがあるので…お客さんがやっぱりねフラストレーションがたまっていくのよね」と思いを語った。
また、4月に自身も新型コロナに感染した経験をもつ赤江アナは「この病気は人によって症状に差がある。温度差があるだけに人とのコミュニケーションの取り方もとても難しい」と説明。保健所の業務がひっ迫しており、なかなか連絡がつかなかった当時を振り返り、「そういうときにかかりつけ医の耳鼻科の先生に相談しました。とっても心強かったです」と話した。
厚生労働省医政局長の田村憲久氏は「コロナ禍での過度な受診控えは逆に健康管理ができなくなりますので、そこは意識して考えていただきたい。そして、特に若い人に日常的にかかる医療機関をもってもらいただきたい。医療というのはみんなが支え、みんながお世話になるものですので」と新型コロナ禍でも必要に応じた医療機関の受診をお願いした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする