ネットで知り合った男性に住所を教えてしまった女子中学生 その後の展開に、ゾッ!

エッセイ漫画を描いている稲(inasan_mainichi)さんは、フォロワーから寄せられたエピソードを漫画化し、Instagramに投稿。反響を呼んでいます。
今回は、フォロワーのイロさんが中学生の頃に体験したエピソードです。
学校に馴染めない時期があったイロさんは、インターネットの世界に夢中になっていました。
中でもハマったのは、ラジオの配信。自分の声を生配信することで得られるリスナーの反応が嬉しくて、ラジオ配信はいつしかイロさんの大切な場所となっていたといいます。
ラジオ配信を通してさまざまな年代の人と仲よくなったイロさんですが、その中でも、共感したり優しい言葉をかけたりしてくれる36歳のSさんが大切な存在になっていました。
「好きなお菓子を送ってあげる」といわれたイロさんは嬉しさのあまり、Sさんに住所を教えてしまいます。
まもなくして自宅に届いた小包の中には、イロさんの好きなお菓子と高価なマイクが入っていたそうです。
住所を教えたことを母親に怒られても、「私の大切な友達」といい返してしまうほどに、Sさんのことを信頼していたイロさんですが…。
小包が届いた数日後、ゾッとする出来事が…
「自宅の近くにいるから会えないかな?」というSさんからのメッセージを見た時、イロさんは初めて恐怖を覚えました。
その日はSさんと鉢合わせせず、無事に自宅へと戻ったイロさん。それから1か月が経った頃、ラジオ配信で知り合った別の友達からSさんが警察に捕まったことを知らされたのです。

その話を聞いて、イロさんはようやく「自分が危ないことをしていた」と気付けたといいます。
Sさんが何を思ってイロさんの自宅付近に向かったのかは分かりませんが、非力な子供では、大人の力に太刀打ちできません。
万が一出くわして、そのまま連れ去られていたらと思うとゾッとしますね。
【ネットの声】
・逮捕されてよかった。やはり安易に個人情報は教えてはいけないと改めて認識し直すことができました。
・大人になった今なら危険だと分かるけど、子供の頃は気付けなかった。「大人って意外に怖いんだよ」ということを、当時の自分に教えてあげたい。
・中学生くらいまでは、そういった危機感や想像力を大人ほど持ち合わせている子供は多くない気がする。自分の子供が被害に遭わないよう、対策を練る必要がある。
2020年現在、スマートフォンでSNSを楽しむ小学生や中学生は一定数存在します。
インターネットの怖さを知らない子供が、気軽に他人と交流できてしまう時代。SNSを使う子供を親が監視するにも限界があるでしょう。
親は子供が被害に遭わないよう、インターネットの使い方について話し合う時間を設けたり、携帯キャリアの『フィルタリング機能』を使って使用を制限したりすることが大切だといえます。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする