自己PRで「忍耐力」をアピールするには? 就活・転職用の例文を紹介

自己PRで忍耐力を強みとしてアピールしたいという場合、いくつかの工夫が必要です。伝え方を少し変えてみるだけで、忍耐力は大きな魅力として採用担当者に伝えることができます。

今回は、自己PRで忍耐力をアピールする場合のポイントや注意点について解説します。また、忍耐力を言い換えてより具体的にイメージできる表現、履歴書や職務経歴書に使える例文もまとめました。

就活や転職で、忍耐力を強みとしてアピールしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。
自己PRで忍耐力をアピールするポイント

自己PRで忍耐力をアピールするポイントは、主に以下の4点です。

忍耐する目標と結果が説明できるエピソードにする
単に忍耐するだけではNG! 努力した方法を説明
忍耐だけでなく協調性や行動力などもセットでアピール

これらのポイントについて、順番に解説します。
忍耐する目標と結果が説明できるエピソードにする
なぜ忍耐するのかという目標と、忍耐した結果を説明することで、忍耐力がなぜ強みと言えるのかが明確になります。単に「忍耐力があります」というアピールだけでは、どうしても受動的な印象になりがちです。

忍耐力をアピールするためのエピソードは、目標と結果が説明しやすいものを選ぶようじっくり検討してください。

たとえば、英会話の学習の例で考えてみましょう。「毎日25分続けることで、最初はついていけず苦痛だったレッスンが少しずつ慣れてきて、TOEICでこのような結果が出た」とまで説明できれば、目標と結果がともに明確になります。

単に忍耐するだけではNG! 努力した方法を説明
忍耐することもひとつの才能です。しかし、自己PRで忍耐力をアピールするだけだと、採用担当者は「状況を改善する努力はしなかったのか」と疑問に感じる可能性があります。

忍耐力をアピールする場合は、「努力した方法」もセットで伝えましょう。現状が改善しない場合にどのような改善策を取ったか、どのような行動で現状を打破したのかという点を説明に盛り込むことで、積極性もアピールできます。
忍耐だけでなく協調性や行動力などもセットでアピール
自分ひとりで耐え忍んだことだけを伝えると、仕事を抱え込みやすい人、という印象を与えがちです。会社では、自分ひとりで仕事を抱え込むよりも、報連相(報告・連絡・相談)をして現状を改善していく行動が重視されます。

忍耐力を強みとして取り上げる場合は、周囲と連携して行動したという点もセットでアピールできるエピソードを取り上げましょう。自分の力だけでなく、周囲と協力しながら問題解決できることをアピールできれば、忍耐力も大きなアピールポイントとなります。

自己PRで忍耐力を強みとする場合の言い換え集

自己PRで忍耐力をそのまま「忍耐力」と表現すると、少しあいまいな印象になります。どのような忍耐力なのかを分かりやすく言い換える表現をいくつか紹介しますので、自分に当てはまりそうな表現がないかぜひ確認してください。

「忍耐力」という言葉とセットで使う、忍耐力を使わずに表現する、どちらでも構いません。具体的な表現を使うことで、どんな場面で忍耐力が発揮されるのかも伝わり、自分の人間性をも伝えられます。

【履歴書向き例文】自己PRで忍耐力をアピールする

ここからは、自己PRで忍耐力をアピールする履歴書向きの例文を紹介します。履歴書の自己PR欄は、基本的に200文字程度がちょうどよい長さです。かなり短い文字数なので、何度か推敲を重ねてうまくまとめましょう。

基本的には、結論で自分の強みを宣言した後、その強みに具体性を持たせる過去エピソードを説明。エピソードでは、なぜ忍耐するかの目標、努力の過程、結果を盛り込みます。最後に、その会社・職種でどのように活躍できるかについてアピールして締めくくりましょう。

紹介する例文は、いずれも上記の流れに沿った構成となっています。自分用にアレンジする際も、上記の流れを踏襲すると、うまくまとまるのでおすすめです。
大学生活で忍耐力を自己PRする例文
私の強みは、決してあきらめず目的を達成する忍耐力です。大学では国文学を専攻し、古文書解読の実習を受けました。この実習はグループ形式なのですが、なかなか進まず多くの仲間は途中で投げ出してしまいました。しかし私はあきらめず助手へ質問するなどして問題の解決に当たりました。その結果、当グループの発表は教授からも一番の出来だと合格点を頂きました。御社では技術職として粘り強く問題解決を進めることで業績に貢献したいと考えています。

資格で忍耐力を自己PRする例文
私は、辛い状況でも小さな目標を立て、やりがいを持って物事を進める人間です。今後語学力は必須と考え、卒業までにTOEIC750点達成を決意。大学1年で450点、大学2年で550点、大学3年で650点と小刻みに目標を決め、達成したらご褒美に趣味の品を買うことにしました。結果として、650点の目標は達成し、引き続き750点達成に向けて勉強を継続しています。御社では営業職として計画性と忍耐力を活かし、業績に貢献する所存です。

アルバイトで忍耐力を自己PRする例文
私は、アルバイトで忍耐強く人と接することを学びました。アルバイトでは、新人バイトを指導する立場でしたが、職場は40代以上の社員が多く、私は新人バイトと社員の板挟みになることが多く苦労しました。私は世代間のギャップを埋めるよう、両者の間に立って我慢強く説明を繰り返しました。その結果、職場の風通しが良くなり、店長に認められて時給50円アップとなりました。この根気強さを活かし、御社でもスムーズな職場づくりに貢献する所存です。

部活動で忍耐力を自己PRする例文
私の強みは、決してあきらめない忍耐力です。部活動ではバスケットボール部に所属していましたが、大学1年のときはレギュラーに入れず悔しい思いをしました。私は身長の低さをロングシュートの成功率と状況判断力でカバーすることに決め、ひたすら練習を重ねました。その結果、大学3年ではチームの司令塔としてポイントガードに抜擢され、チームを準優勝まで導くことができました。この忍耐力をいかし、御社でも自分の強みを生かした仕事で業績に貢献する所存です。

【職務経歴書向き例文】自己PRで忍耐力を強みとする

転職の場面では、職務経歴書に記載する400字程度の自己PRをメインにし、履歴書に記載する自己PRは職務経歴書に記載した自己PRの要約とします。

転職では、自己PRで前職において強みをどのように活かしたか、どのような経験をしたかをアピールするようにしましょう。以降では、職務経歴書で忍耐力を自己PRする例文を紹介します。

事務職で忍耐力を自己PRする例文
私の強みは、前職で培った、対人面での忍耐強さです。前職では大学で事務担当として、多くの学生の相談窓口として働いていました。訪れる学生さんは海外からの留学生も多かったので、必要と感じた英語と中国語をオンライン語学教室で毎日学び、スムーズな会話ができるよう努力していました。また、日本の学生さんに対しても、いつも笑顔で我慢強く話を聞きだし、事務手続きで困っていることがないか確認しながら、必要に応じて他の担当とスムーズに引き継ぐように注意しました。

このような接し方を5年間続けたところ、学生さんに評価されて私は何度か学生さんから感謝の手紙を受け取り、上司からもお褒めの言葉をいただきました。御社でも学生対応の仕事を希望していますが、前職での経験を活かして学生が安心して相談できる窓口業務で御社に貢献したいと考えています。

看護師で忍耐力を自己PRする例文
私は、どのような環境にも順応して我慢強く確実に仕事を遂行することをモットーとしています。前職では、大学病院の救急救命センターで5年間看護婦として勤務しました。救急救命センターは医師も看護師も人手不足で、激務が続く職場です。私は身体を壊さないよう、寝られるときはたくさん寝て、食べられるときはしっかり食べるよう意識して、いつも仕事には全力で当たれるように工夫しました。また、引き継ぎには特に注意して、納得するまで何度も確かめるようにして慎重に対応しました。

また、少しでもおかしいと思ったことはすぐ上司の看護師や医師に相談し、自己判断だけでミスを犯すことのないようにも注意してきました。この結果、5年間何事もなく無事に勤務を続けることができ、順調に年収も〇万円アップしました。この度、貴院では乳腺外科勤務となりますが、前職で培った忍耐力や協調性を活かし、患者様に喜んで頂ける看護師となれるよう努力する所存です。

技術職で忍耐力を自己PRする例文
私の強みは、困難に見える課題も決してあきらめずに実現する粘り強さです。前職で、私はフロントエンドエンジニアとして活躍していました。フロントエンドの技術は日進月歩で変化し続け、常に新しい技術の取得が必要です。私はフロントエンド周りの技術が好きなので、いつも新技術を試しては仕事に活かしていました。新技術を採用すると、従来実現できていた動きができなくなる場合もあります。

3年前、私は技術力を買われて簡単に解決できない問題対応を担当しました。他の技術者が解決できなかった問題を解決するため、私は開発会社への問い合わせや技術者のコミュニティなど、さまざまなチャネルを使って我慢強く情報収集し、近いケースを見つけては問題を解決に導きました。現在、私はフロントエンドエンジニアのコミュニティで多くのコネクションを持っていますので、御社でもフロントエンド周りの開発に貢献できると考えます。

自己PRで忍耐力をアピールする場合の注意点

自己PRで忍耐力をアピールする場合は、いくつか注意点があります。自己PR文を作成した後、見直し観点としてもご活用ください。

忍耐するだけで説明が終わっていないか
冒頭でも自己PR文の作り方を説明しましたが、忍耐だけで説明が終わっていないかどうかを確認してください。何のために忍耐をしたのかという目標や、忍耐した結果何を得たのかという部分が欠けていると、忍耐力はアピールポイントとして伝わりません。
他人との協調性も説明できているか
自分ひとりで問題を抱え込み解決までひたすら耐え忍ぶ、というエピソードは、自己PRとしては不向きです。むしろ、「問題解決に積極的でない」マイナスイメージさえ持たれる危険性もあります。

ときには他人の意見を聞く、協力を仰ぐなど協調性を発揮して物事の解決に当たったことを説明できるエピソードに差し替えましょう。
忍耐力が短所になってしまっていないか
就活や転職の場面では、忍耐力がそのまま美徳として解釈されることはほとんどありません。忍耐力を発揮して物事が解決しなかった場合、むしろ忍耐力が短所に見えてしまう危険性すらあります。

忍耐だけでは解決できないと見極める判断力、方向転換をする決断力や行動力もセットで伝えるようにして、忍耐力を短所と取られないよう注意しましょう。

自己PRで忍耐力を選ぶなら目的と結果を明確に
自己PRで忍耐力を選ぶ場合は、忍耐する目的と得られた結果を明確に示すことが重要です。また、忍耐力とともに協調性や行動力があることも示すよう意識することで、単なる受け身ではなく、自立して仕事を進められることをアピールできます。

自分の強みである忍耐力を自分らしいエピソードで説明して、採用担当者に自身が会社でも活躍できる人材であることをアピールし、採用を勝ち取りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする