アン・ハサウェイの現在の姿に騒然 『プラダを着た悪魔』出演時と比べると?

2006年に公開され、日本でも大ヒットを記録した映画『プラダを着た悪魔』。
2020年10月16日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、視聴者からのリクエストを受け『プラダを着た悪魔』が放送され、その根強い人気を改めて示しました。
また、放送後のネットでは『プラダを着た悪魔』の話題一色に!
中でも視聴者の関心を集めたのは、『プラダを着た悪魔』で主要キャストの1人を演じていた、アン・ハサウェイの現在と過去でした。
『プラダを着た悪魔』出演時20代前半だったアン・ハサウェイも、2020年で37歳に。
映画が公開されてから約14年の歳月が経っているにもかかわらず、現在とまったく変わらないというのです…!
実際に、直近の写真と『プラダを着た悪魔』出演時の写真を見比べてみると…。
なお、さらに昔…アン・ハサウェイが10代の時の出演した映画『プリティ・プリンセス』の劇中写真がこちらです。
2018年に映画が公開され、2020年7月には日本の地上波で放送された『オーシャンズ8』での好演も記憶に新しいアン・ハサウェイ。
それだけに、まったく変わらない姿に衝撃を受けた視聴者は多くいたようです。
・10年以上も時が経っているとは思えないぐらい変わらなくてすごい。
・アン・ハサウェイは本当にデビューから今日までまったく変わらないの、やばいな。
・『プラダを着た悪魔』を観てから、ずっと憧れ!
『プラダを着た悪魔』といえば、ファッショナブルな衣装も話題となった作品です。
時代を感じさせない魅力的な衣装の数々は、女性を中心に多くの支持を集め、『ファッション映画の金字塔』ともいわれているほど。
しかし、『プラダを着た悪魔』の中でもっとも時の流れを感じさせないのは、アン・ハサウェイ自身なのかもしれません。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする