銀座駅をリニューアル 光の演出で上品さ追求

東京メトロは16日から、リニューアルされた銀座駅の供用を始めた。ライトアップされた柱や天井など光の演出を多用し、銀座の街をイメージした上品で落ち着きのある空間を追求した。
同社は2017年から工事を始め、銀座線、丸ノ内線、日比谷線の改札やホームなど駅全体を改装。乗り換え案内を分かりやすくするため、改札付近やホームに各路線のカラーとなっている黄色、赤色、銀色でライトアップした柱を設置した。
改札内側の天井部分には、宝飾店「和光」の時計台など銀座を代表する建物を映したパネルを設置し、地下にいながら現在地が分かるように。銀座線ホームの壁には、銀座の街並みが移り変わる様子を過去100年にわたり描いた。
地下1階のコンコースでは、アーティストの吉岡徳仁さん(53)が制作した芸術作品「光の結晶」(縦約1.6メートル、横約3.5メートル)の展示も始めた。計636個のクリスタルガラスを集積した彫刻で、銀座駅の新たなシンボルになりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする