家に強盗が侵入 銃を突き付けられた母親を守ったのは『5歳のヒーロー』

アメリカ・インディアナ州に暮らすタミカ・リードさんが普段と変わらない朝を迎えていた時のことです。誰かが玄関のドアをノックしました。
タミカさんの家族がドアを開けると、そこには4人組の男がいて、そのまま家の中に押し入ります。
男たちは全員、顔が見えにくいようにパーカーのフードを被り、手には銃を持っていました。そしてタミカさんに銃を突き付けて金品を奪おうとします。
海外メディア『KMOV4』によると、その時タミカさんは「とにかく子供たちを守らなければ」と思っていたのだそう。
すると次の瞬間、ヒーローが現れます。
なんと5歳のデイヴィッドくんが容疑者の1人に向かっておもちゃの車を投げつけて反撃を始めたのです。
男に振り払われてもデイヴィッドくんはひるむことなく、男に殴りかかります。
警察が公開した防犯カメラの映像には、その緊迫した状況が映っていました。
『INSIDE EDITION』の動画の中でタミカさんとデイヴィッドくんが笑顔で事件のことを報告できるのも、家族全員が無事だったからこそ。
今回の状況は非常に危険であり、幼い子供が武器を持った犯人に抵抗するのは決して推奨されることではありません。
容疑者がデイヴィッドくんを攻撃しなかったことは本当に不幸中の幸いといえるでしょう。
大好きなママを守るために悪者に立ち向かったデイヴィッドくんは紛れもなく『スーパーヒーロー』といえますね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする